日経平均は81円高、プラス寄与度上位はファーストリテ、ファナック、中外薬など

国内市況

株式

2020/10/23 13:25

 23日午後1時20分時点の日経平均株価は、前日比81円32銭高の2万3555円59銭。後場は、上げ幅を広げて始まり、一時はこの日の高値となる2万3587円90銭(前日比113円63銭高)まで上昇した。米大統領候補のテレビ討論会を無事通過したことで、買いにつながった。昼休みの時間帯に、時間外取引の米株価指数先物が底堅く、アジア株が堅調だったことも支えとして意識された。ただ、その後は一服商状となっている。

 日経平均株価に対するプラス寄与度上位はファーストリテ<9983.T>、ファナック<6954.T>、中外薬<4519.T>など。マイナス寄与度上位は東エレク<8035.T>、日立建機<6305.T>、エムスリー<2413.T>など。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ