アドバンテストが続急騰、通期の業績予想を上方修正

株式

2020/10/30 14:17

 アドバンテスト<6857.T>が続急騰。29日引け後の決算発表で、21年3月期の連結業績予想(IFRS)を上方修正したことが好感された様子。株価は前日比700円高の6220円まで値を上げている。

 21年3月期について、予想売上高を従来の2600億円から2750億円(前期比0.3%減)に、営業利益を450億円から525億円(同10.6%減)にそれぞれ引き上げている。SoC(システム・オン・チップ)半導体用試験装置は、米中対立の先鋭化のもと厳しい環境が継続しているが、スマートフォンメーカー間の競争の活発化を背景に、足元で改善の兆し。メモリ半導体用試験装置は、メモリ半導体の高性能化が進展する中、引き合いに堅調な推移を見込んでいる。21年3月期上期(20年4-9月)は、売上高1441億200万円(前年同期比4.6%増)、営業利益309億3700万円(同5.9%減)だった。

 午後2時16分現在の株価は540円高の6060円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ