メニコンが反発、米MojoVisionとスマートコンタクトレンズに関する共同開発契約

株式

2020/12/9 16:32

 メニコン<7780.T>が反落し、一時40円高の6250円を付けている。9日午前10時、米Mojo Vision(カリフォルニア州)と、9月21日にスマートコンタクトレンズに関する共同開発契約を締結したと発表、材料視された。

 今回の契約で両社は、メニコンのガス透過性コンタクトレンズの研究開発とコンタクトレンズの製造における数10年の実績と、Mojo Visionのスマートコンタクトレンズのマイクロエレクトロニクス、システム統合、および消費者向け製品におけるイノベーションを適用し、専門知識を活用したスマートコンタクトレンズに関するフィジビリティー・スタディーを開始するとしている。

 8日の終値は、前日比70円高の6280円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ