大豊建設が3日ぶり反落、従業員による不正行為が判明し外調査委員会を設置

株式

2021/1/20 10:51

 大豊建設<1822.T>が3日ぶりに反落し、一時75円安の3600円を付けている。19日引け後、外部の公的機関による調査の過程で、同社従業員による不正行為が判明し、外部調査委員会を設置し、調査を進め・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ