マザーズ指数大幅安、後場一段安に=新興市場・28日

 マザーズ指数が大幅安。後場一段安となり、下げ幅は3%を超えた。中国のネット規制などを警戒して売りが先行しており、主力ではBASE<4477.T>、プレミアアンチエイジング(Pアンチエイ)<4934.T>、メルカリ<4385.T>などが下落。直近IPO(新規上場)でもサーキュレーション<7379.T>やラキール<4074.T>が安い。IPOのブレインズテクノロジー<4075.T>には大量買い。ジャスダックではテセック<6337.T>が大幅安。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ