ZHDが急騰、22年3月期第1四半期決算は増収増益で着地

株式

2021/8/4 13:06

 Zホールディングス(ZHD)<4689.T>が急騰し、一時56.2円高の621.9円を付けている。3日引け後、22年3月期第1四半期(21年4-6月)連結決算(IFRS)を発表。増収増益で着地し、好感された。

 第1四半期決算は、売上収益が3733億5200万円(前年同期比36.3%増)、営業利益が513億8500万円(同1.5%増)だった。売上収益は、LINEを経営統合により連結子会社化したことや広告の需要回復などにより、広告関連売上収益が大幅に伸長。アスクルグループおよびZOZO<3092.T>を含めコマース事業も堅調だった。

 22年3月期業績予想は、売上収益は1兆5200億円-1兆5700億円(前期比26.1%-30.2%増)を予想。新型コロナウイルスの影響により依然として事業環境が不透明であることに加え、LINEとの経営統合の初年度ということもあり、幅を持たせた業績予想としている。

 午後1時4分時点の株価は、前日比55.2円高の620.9円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ