5日の東京株式市場見通し=軟調な展開が続きそう

国内市況

株式

2021/8/5 7:47

 予想レンジ:2万7400円-2万7700円(4日終値2万7584円08銭)

 5日の東京株式は、軟調な展開が続きそうだ。きのう4日の日経平均株価は、下げ渋る動きをみせたものの続落した。弱い動きが継続するなか、4-6月期決算発表が続くことから、個別株物色が中心になりそう。新型コロナウイルスの新規感染者数が、3日に全国で1万4200人を超え、過去最多となった。政府は新たに8県をまん延防止等重点措置の対象に加える方針で、感染拡大が続くなか経済の回復遅れを懸念する場面も想定される。為替相場は、ドル・円が1ドル=109円台の半ば(4日は109円10-12銭)とやや円安方向にある一方、ユーロ・円が1ユーロ=129円台の半ば(同129円58-62銭)と小動き。

 4日のADR(米国預託証券)は円換算値で、高安まちまちながら、エーザイ<4523.T>、楽天グループ<4755.T>、ソニーG<6758.T>などが、4日の東京終値に比べ高い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、4日の大阪取引所清算値比70円安の2万7520円だった。(高橋克己)

 5日の主な経済指標・スケジュール

【国内】

・ 8:50 週間の対外対内証券売買契約

・11:00 7月車名別新車販売、7月通称名別軽自動車販売

・10年物価連動国債入札

・決算発表=資生堂<4911.T>、ダイフク<6383.T>、シャープ<6753.T>、ホトニクス<6965.T>、スズキ<7269.T>、ヤマハ発動機<7272.T>、島津製<7701.T>、オリンパス<7733.T>、バンナムHD<7832.T>、任天堂<7974.T>、NTTデータ<9613.T>

【海外】(時間は日本時間)

・21:30 米6月貿易収支、米週間の新規失業保険申請件数

・英国金融政策発表

・決算発表=(アジア)SMIC、TALエデュケーション(米国)ボール<BLL>、コグネックス<CGNX>、イルミナ<ILMN>、モデルナ<MRNA>、スクエア<SQ>、ゾエティス<ZTS>

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ