今晩のNY株の読み筋=米8月CPIに注目

株式

2021/9/14 16:55

 14日の米国株式市場は、米8月CPI(消費者物価指数)が注目となる。市場予想の平均値は、前月比0.4%上昇(前年比5.3%上昇)。前月から伸びはやや鈍化するものの、前年比では高い伸びを維持する見通し。インフレ加速が意識され、米テーパリング(量的金融緩和の段階的縮小)や米利上げの前倒し観測が広がれば資金流出懸念が株価の重しになるほか、米長期金利の上昇などが促されるとハイテク株を中心に上値が重くなる恐れがある。

 ただ、10日発表の米8月PPI(生産者物価指数)は市場予想を上回ったが、市場の反応は限られた。すでに市場の関心は21-22日のFOMC(米連邦公開市場委員会)に向かっているとの見方があり、きょうのCPIが市場予想と大きくカイ離しなければ、大きな材料にはならない可能性もある。

 個別では、新製品の発表イベントを開催予定のアップル<AAPL>に注目か。

<主な米経済指標・イベント>

米8月CPI(消費者物価指数)、米アップルの特別イベント

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ