明日の日本株の読み筋=底堅い展開か、需給面でサポート期待、中国関連ニュースに警戒も

国内市況

株式

2021/9/27 16:47

 あす28日の東京株式市場は、底堅い展開か。9月末の配当・株主優待の権利付き最終日で、権利取りの買いが続くとみられるほか、大引けにかけては指数連動型ファンドによる配当金再投資に絡む先物買いも予想され、需給面でのサポートが期待される。また、政府は緊急事態宣言を30日の期限をもって全面解除する方針で、28日に正式決定する見通しにあり、経済正常化への期待感も引き続き支えとして意識される。

 一方、中国不動産大手、中国恒大集団の債務不安はいったん後退したものの、デフォルト(債務不履行)懸念は依然として払しょくされていない。さらには、中国不動産開発大手の融創中国が地元で手掛けたプロジェクトの販売が急激に落ち込み、資金繰りに支障を来し始めているとの報道もあり、中国関連ニュースへの警戒は怠れない。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ