ムゲンエステが急伸、21年12月期の業績予想の修正と期末一括配当予想の増額を材料視

国内市況

株式

2021/10/15 13:12

 ムゲンエステート(ムゲンエステ)<3299.T>が急伸し、一時21円高の501円を付けている。14日引け後、21年12月期の連結業績予想の修正と、期末一括配当予想の増額を発表、材料視された。

 21年12月期業績予想で、売上高は354億1200万円から343億1500万円(前期比1.6%減)に引き下げたものの、営業利益を19億1600万円から24億3400万円(同1.3%減)に引き上げ、減益幅が縮小する見込み。売上高は、不動産開発事業の竣工の遅れや販売用不動産の在庫減少で賃料収入が減少したことが影響。利益面では、租税公課の減少も含めた販管費の削減が寄与する。利益予想の修正を踏まえ、期末一括配当予想は、従来予想の10円から15円(前期実績10円)に増額するとした。

 午後1時10分時点の株価は、前日比14円高の494円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ