CBDC「サンドドル」はバハマの「金融包摂を促進する」可能性-IMF

仮想通貨

2022/5/11 11:18

 バハマが開発したCBDC(中央銀行デジタル通貨)「サンドドル」が、同国における「金融包摂と決済システムの耐障害性」を促進する可能性があると、IMF(国際通貨基金)の新たな報告書が指摘している。

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ