清水建設、北海道室蘭市と洋上風力発電施設建設用に建造する自航式SEP船の母港を室蘭港とする契約締結

株式

2022/7/14 16:22

 清水建設<1803.T>は13日、北海道室蘭市と、同社が洋上風力発電施設建設用に建造する自航式SEP船の母港を室蘭港とすることに向け、協定書を締結したと発表した。

 今回の協定では、自航式SEP船が23年4月1日から室蘭港を母港とし、同社は部材・資機材調達などを通じ、長期的に地域経済への貢献に努めるという。また、期間は5年間とするが、両者の合意により延長は可能としている。

 14日の終値は、前日比4円安の746円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ