<個別株動向>アイル、コマースワン、窪田製薬、西松屋チェ、四国電=29日後場

株式

2022/9/29 15:06

 アイル<3854.T>―複数ネットショップ一元管理クラウドサービス「CROSS MALL(クロスモール)」が、Recustomer(東京都千代田区)が提供する購入体験プラットフォーム「Recustomer(リカスタマー)」と連携。前日比39円高の1700円。

 コマースワン<4496.T>―グループ会社で、SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」を提供するフューチャーショップ(大阪市北区)は、Paidy(東京都港区)が提供するあと払いサービス「ペイディ」と連携。基準値比15円高の797円ザラバ引け。

 窪田製薬<4596.T>―100%子会社のクボタビジョン・インク(米国ワシントン州)が開発する遠隔眼科医療用網膜モニタリング機器「PBOS」においてジョスリン糖尿病センターと共同研究契約を締結。2円高の128円。

 西松屋チェーン<7545.T>―23年2月期単体利益予想の引き下げを嫌気、自社株買いの下支え効果は乏しい。前日比116円安の1334円。

 四国電力<9507.T>―大和証券が投資判断「3」に格下げ、目標株価も970円(前回は750円)に引き下げ。基準値比14円安の733円。

◎未確認情報などが含まれており、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ