22日の東京外国為替市場=ドル・円、141円台後半で推移

マーケット情報

為替

2022/11/22 15:01

 22日の東京外国為替市場で、ドル・円は1ドル=141円台後半で推移している。米国時間にやや戻りが急だったため、朝方から昼ごろにかけてはドル売り・円買いが優勢となった。日本はあすが祝日、24日は米国が休場となるため、ポジション調整の動きも強まりやすかった。午後に入ってもドル・円は上値が重かったが、午後2時ごろからドル買い・円売りの勢いがやや強まり、ドル・円は下げ渋った。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ