飛尚無煙煤資源、22年12月期通期は売上高と売上総利益が大きく増加の見込み

サーチナ

中国株

2023/1/24 9:20

 無煙炭鉱の開発や無煙炭の採掘を手掛ける飛尚無煙煤資源(01738/香港)が1月18日、2022年12月期通期の業績について売上高と売上総利益が前期比で大きく増加する見込みであることを明らかにした。

 同社は米ナスダックに上場する中国天然資源有限公司(CHNR)から分離した無煙炭メーカーで、14年に香港メインボードに上場。貴州省を拠点として無煙炭鉱の買収、建設、無煙炭の採掘と販売を手掛けている。

 22年12月通期の売上高は前期の11億2100万人民元から40〜45%増加する見込み。また、売上総利益は前期の3億9880万元から60〜70%の増加となり、売上高の増加幅を上回る見通しだ。

 売上高と売上総利益が大きく増加する要因について同社は、中国本土の石炭市場が顕著に回復し、石炭製品の平均売価が上昇したこと、複雑な地質、厳しい安全、環境保護要求といった難しい状況の中で石炭製品の生産量と販売量の増加を実現したことを挙げた。

 21年12月期の売上高は11億2100万元(前期比10.65%増)、純損益は9646万元の赤字(同72.99%の赤字減)。22年1〜6月期の売上高は6億9884万元(前年同期比56.03%増)、純損益は2882万元の黒字(前年同期は9395万元の赤字)だった。(編集担当:今関忠馬)(写真:123RF)

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ