株式新聞

2018年12月14日(金)

<相場の読み筋>12月6日

2018/12/6 7:29

 5日の米国株式は、ジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の追悼式のため休場。

 6日の東京株式は、堅調な展開か。きのう5日の日経平均株価は、朝安後に下げ渋る動きをみせ、日足チャート上では陽線を形成した。手掛かり材料には乏しいなか、下値にはリバウンド狙いの買いも控えているとみられる。25日移動平均線(5日時点で2万1991円)や心理的なフシ目の2万2000円などが意識されそう。一方、オーストリアのウィーンでOPEC(石油輸出国機構)総会が開催されることから、どのような先行き見通しを示すか確認したいとして、模様眺めムードが広がる可能性もある。為替相場は、ドル・円が1ドル=113円台の前半(5日終値は113円08-09銭)、ユーロ・円が1ユーロ=128円台の前半(同128円12-16銭)と小動き。大阪取引所のナイトセッションは、5日終値比20円高の2万1900円だった。

(イメージ写真提供:123RF)

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ