株式新聞

2019年5月23日(木)

1面トップ

  • 貿易摩擦激化、中国からの生産移転先にフィリピン熱視線

     米中間の貿易摩擦が激しさを増す中、企業が生産拠点を中国外へ移転する動きが加速している。第1候補はインドやベトナムだが、フィリピンやインドネシアといった東南アジア諸国も有力だ。現地に進出する日系企業に・・・…続き

    お
  • 食品株に出番――欧州向け拡大へ

    1面トップ

    2019/5/21 17:30

     食品の成長市場として、欧州がクローズアップされそうだ。日本の海外への食品輸出額は今年にも1兆円超えが視野に入るが、中でもEPA(経済連携協定)が発効し拡大条件がそろった欧州向けは大きな伸び代を秘める・・・…続き

    あ
  • キャッシュレス 普及加速で再注目、飛躍期待の2銘柄

    1面トップ

    2019/5/20 17:30

     キャッシュレス決済の本格普及へ向けた流れが加速している。QRコード決済サービスは、ヤフー(4689)などが展開するPayPay(ペイペイ)が100億円の還元施策を直近までに2度実施し、6月からは月替・・・…続き

    g
  • アク抜け一巡で上値重いか

     米中貿易摩擦の再燃で令和早々に揺れた日本株市場も、徐々に落ち着きを取り戻しつつある。前週(13~17日)は、日経平均株価がゴールデンウイーク前から続いた連敗を7で止め反発した。ただ、これより上のゾー・・・…続き

    f
  • システナ、24年3月期に営業益2倍超へ

    1面トップ

    2019/5/16 17:30

     システナ(2317)は、2024年3月期に連結営業利益152億円(前3月期比2.2倍)を目指す意欲的な中期経営計画を打ち出した。車載技術やロボットに経営資源を集中する戦略を加速し、相場は上昇第2波に・・・…続き

    p
  • 選別物色候補に電気工事

    1面トップ

    2019/5/15 17:31

     日経平均株価は15日、令和の時代に入り始めて上昇に転じたものの、一時はマイナス圏で推移するなど安定を欠く。米中貿易摩擦をめぐる手控え感が色濃く残る市場には、消費増税という国内要因も影を落とす。一方、・・・…続き

    j
  • 中国関連、短期反発も

     米中貿易摩擦の激化を背景に、金融市場にリスクオフムードが高まりつつある。米トランプ政権が追加関税「第4弾」の準備を進め、中国も報復措置に動く。下値を探る日経平均株価はこの日、1カ月半ぶりに2万100・・・…続き

    l
  • 今期躍進期待の3銘柄

    1面トップ

    2019/5/13 17:30

     企業の決算発表がピークを越えつつある。米中貿易摩擦など不透明な外部環境の中で、新年度の各社の業績見通しは伸び悩むケースも目立っている。ただ、独自の成長材料を秘める銘柄はこの時期がターニングポイント。・・・…続き

    あ
  • 生分解性プラスチックに脚光

    1面トップ

    2019/5/10 17:31

     日本が初の議長国を務める6月のG20サミット(主要20カ国・地域首脳会議)では、観光やエネルギーといったテーマが話し合われる。中でも、大きな注目を集めるのがプラスチックごみによる海洋汚染への対応だ。・・・…続き

    お
  • 「強い農業」相場テーマに―有力小型3銘柄に狙い

    1面トップ

    2019/5/9 17:30

     ぎりぎりの対中政策で世界の金融市場を再び混乱に陥れた米国。2国間の貿易交渉を控える日本にしてみれば、農作物市場の開放を声高に主張するトランプ米大統領はすぐそこに迫る脅威だ。しかし、逆にとらえれば「強・・・…続き

    s
  • 好決算のイーブックに続け―電子書籍株に見直し買い

    1面トップ

    2019/5/8 17:31

     電子書籍の利用者が着実に増えている。一時は通勤、通学の電車内などでのスマートフォンゲームに押されていたものの、昨年あたりから一気に巻き返して市場が急拡大している印象がある。好実態は代表企業のイーブッ・・・…続き

    g
  • 決算前半・今期為替前提―7割近く110円集中

    1面トップ

    2019/5/7 17:31

     企業の決算発表が前半のヤマ場を越えた。相次ぎ打ち出される2020年3月期の業績予想では、投資家の大きな注目点の一つが為替の前提レートだ。米国の対中関税引き上げ表明を受けドル・円相場に動きが出始めたこ・・・…続き

    あ
  • 「令和相場」の好発進期待、5月SQに向け買い増勢

     東京株式市場では4月26日、日経平均株価が前日比48円安と反落して平成最後の取引を終えた。国内では史上初の10日間の大型連休(ゴールデンウイーク=GW)に突入し、5月からは新元号「令和」がスタートす・・・…続き

    あ
  • 景気敏感株、決算を点検

    1面トップ

    2019/4/25 17:30

     世界景気に敏感な電子部品メーカーや、中国を主戦場とすると企業が続々と決算を発表している。新年度の見通しはまちまちだが、利益が大きく落ち込む計画にもかかわらず強い株価反応を示すケースもみられる。折から・・・…続き

    あ
  • 日電産、最高益予想は上ブレ含み

    1面トップ

    2019/4/24 17:30

     日本電産(6594)がマーケットにはびこる一抹の不安をぬぐい去った。米中貿易摩擦のあおりで余儀なくされた前2019年3月期の業績予想下方修正から約3カ月、自動車の電動化をはじめ、世界的な潮流をモータ・・・…続き

    w日本電産
  • 非常用電池の整備加速

    1面トップ

    2019/4/23 17:30

     政府が災害に負けないインフラを整備する国土強じん化を推進する中、非常用電池が脚光を浴びている。昨年は大阪や北海道を地震が襲った際に非常用の電源として活躍。また、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(・・・…続き

    k
  • 人手不足、消費低迷…試練の小売業界支える3銘柄

     小売セクターは慢性的な人手不足にさえない消費環境、年々厳しさを増す出店用地の確保、原材料や輸送コストの上昇など、数え切れないほどの試練に直面している。今年は消費増税も控え、各社にとってまさに死活問題・・・…続き

    あ
  • 買い戻し継続性が焦点

     皇位継承に伴う大型ゴールデンウイーク(GW、4月27日~5月6日)を控えた今週(4月22~26日)は、国内企業の決算発表の実質的なピークを迎える。中でも景気敏感業種の状況が、世界景気の先行きを占う上・・・…続き

    h
  • 販売好調 化粧品関連を狙う

    1面トップ

    2019/4/18 17:30

     化粧品株が力強い動きを続けている。中国の法改正による代理購入(代購)規制や、軟調な全般消費という逆風にさらされつつも、化粧水や美容液などの基礎化粧品の人気が市場を支えている。こうした中、竹本容器(4・・・…続き

    あ
  • 大型連休の相場変調に備え〝物色圏外〟巻き返し狙う3銘柄

    1面トップ

    2019/4/17 17:31

     日経平均株価が連日で年初来高値を更新し、17日の取引時間中には4カ月半ぶりに2万2300円台に乗せた。中国経済の復調期待を背景に、ハイテクセクターを中心に買い人気が高まる展開が続いている。一方、大型・・・…続き

    あ

1-20件を表示

適正株価ランキング(2019/05/22更新)

image

マーケット情報

株式新聞 2019年05月23日号

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ