デンソー、中部電力と提供するデマンドレスポンスサービス「CO-エネ」で蓄電池やV2H充放電器を追加

株式

2019/9/20 16:29

 デンソー<6902.T>は19日、中部電力<9502.T>と19年2月から提供しているデマンドレスポンスサービス「CO(コ)-エネ」について、20年1月から、同サービスの対象となる家庭の機器に、蓄電池やV2H充放電器を追加すると発表した。

 これまで、コントロール対象の機器は、全館空調とエコキュートの2種類だったが、今後、蓄電池や電気自動車(EV・PHEV/PHV)の普及が見込まれることから、蓄電池やV2H充放電器の充放電のタイミングを自動でコントロールする機能を新たに拡張したサービスを試行的に開始する。今後は、FIT制度(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)にもとづく買取期間満了後に、中部電力との契約を継続した顧客やトヨタホームに住む顧客で、蓄電池やV2H充放電器を導入する顧客に提案するとしている。

 20日終値は、デンソーが前日比26円安の4828円、中部電力が同25円高の3410円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ