日経平均は350円程度安、採用銘柄の値下がり率上位に新生銀行、千葉銀行、SUMCOなど

国内市況

株式

2020/2/27 10:17

 27日午前10時12分すぎの日経平均株価は、前日比350円程度安い2万2075円前後で推移する。株価指数先物に断続的な売りがでたことをきっかけに、午前10時11分に、同365円66銭安の2万2060円53銭を付けた後も、安値圏で推移する。時間外取引で米株価指数先物が下落していることも重しのようだ。為替市場では、ドル・円が1ドル=110円30銭前後(26日終値は110円47-48銭)で、朝方からやや円高方向にある。

 日経平均採用銘柄では、値下がり率上位に、新生銀行<8303.T>、千葉銀行<8331.T>、SUMCO<3436.T>、三井金属<5706.T>、パナソニック<6752.T>がランクイン。値上がり率の上位は、オリンパス<7733.T>、キリンHD<2503.T>、ファミマ<8028.T>、日本製鉄<5401.T>、荏原<6361.T>が入っている。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ