日清紡HDが4連騰、布マスク用ガーゼの生産報道を材料視、その後に会社側が正式発表

株式

2020/4/9 16:39

 日清紡ホールディングス<3105.T>が4連騰し、35円高の709円を付けた。新型コロナウイルスの感染拡大を受けてシャツの生地の製造設備を転用し、布マスク用ガーゼの生産を始めたことが8日分かった、と9日付の日本経済新聞が報じ、材料視された。

 会社側は午前11時にホームページ上で「(子会社の)日清紡テキスタイルを中心とする繊維事業で生産体制を見直し、マスク関連製品の生産を優先して取り組んでいる」ことを明らかにした。マスク用ガーゼ生地の生産のほか、医療マスク用モビロンテープ(ポリウレタンエラストマー)の増産や、マスクの販売開始などの詳細をリリースした。

 9日の終値は、前日比30円高の704円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ