アナリストの視点:国内ファンドは1年半で100本超の減少、その背景は新規設定の減少

視点

2020/8/4 10:00

 2020年6月末時点の国内ファンド(※)全体の本数は5,296本となり、その内訳はアクティブが4,496本、パッシブが800本となった。本数の推移では、2010年7月末時点に全体で3,000本程度で・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ