<きょうの材料と有力銘柄>

 今年のノーベル化学賞には、遺伝子を改変する「ゲノム編集」における画期的手法「CRISPR-Cas9(クリスパー・キャスナイン)」を開発した研究者らが選ばれた。 日本人は受賞を逃したものの、ゲノム編集・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ