<個別株動向>ザッパラス、新日本製薬、TBSHD、BASE、内田洋行=3日前場

株式

2020/12/3 11:50

 ザッパラス<3770.T>―21年4月期の連結業績予想を上方修正、一転して営業黒字見通しに。21円高の534円。

 新日本製薬<4931.T>―東証1部への上場市場区分決定、TOPIX(東証株価指数)連動型ファンドによる組み入れ需要を先取る。45円高の3055円。

 TBSHD<9401.T>―保有するリクルートH<6098.T>株式の一部売却で投資有価証券売却益を計上、21年3月期の連結純利益予想を上方修正。31円高の1919円。

 BASE<4477.T>―新型コロナワクチンの普及をにらみリアル店舗のEC(電子商取引)化需要に減速懸念も。780円安の8250円。

 内田洋行<8057.T>―第1四半期(20年7月21日-10月20日)の連結決算で営業利益95.0%減に悪化。710円安の4530円。

◎未確認情報などが含まれており、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ