8日の東京外国為替市場=ドル・円、108円台前半で推移

マーケット情報

為替

2021/3/8 15:05

 8日の東京外国為替市場で、ドル・円は狭い範囲でもみ合った。朝方は108円50銭近辺まで上昇したが、利益確定目的のドル売りが上値を圧迫し、103円30銭近辺まで下落。日経平均株価の堅調推移を背景にドル買いが優勢となり、昼前に108円50銭近辺まで持ち直したが、日経平均がマイナス圏へ沈むなど軟化したことから、ドル・円は再び上値が重くなった。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ