21日の米国債券市場見通し=米長期債利回りはさらに低下か

債券

2021/6/21 15:48

予想レンジ:米長期債利回り 1.35%-1.50%

 セントルイス連銀のブラード総裁が「インフレ加速でFRBは2022年にも最初の利上げをするだろう」との考えを示し、利上げ前倒し観測が高まった。これを受けて中期債は売られたものの、インフレが抑制されるとの期待で長期債は買われ、18日の米長期債利回りは1.44%に低下し、イールドカーブはフラット化した。

 21日の東京時間で米長期債利回りは一時1.37%とさらに低下していた。イールドカーブのフラット化は一服し、米長期債利回りはやや上昇するのではとみていたが、むしろ米長期債利回りの低下に拍車が掛かってきた。ただし、低下ピッチもやや速すぎ、米長期債には戻り売りも入ろう。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ