<個別株動向>フリュー、大谷工業、サーティワン、ツクルバ、JR東日本=22日前場

株式

2021/9/22 11:51

 フリュー<6238.T>―8月度の月次速報で売上高は前年同月比47.1%増となり、7月の45.7%増を上回る。前日比62円高の1902円。

 大谷工業<5939.T>―自己株10万株(消却前発行済み株式数の11.36%)を9月30日付で消却へ。前日比705円ストップ高の5370円カイ気配。

 サーティワン<2268.T>―21年12月期の単体利益予想を上方修正。前日比30円高の4040円ザラバ引け。

 ツクルバ<2978.T>―24万5000株の立会外分売を実施、短期的な需給関係の悪化を警戒。前日比55円安の1037円。

 JR東日本<9020.T>―東海東京調査センターは21日付で、目標株価を7490円から7120円に引き下げ。前日比55円安の7033円。

◎未確認情報などが含まれており、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ