マザーズ指数が反落、ウェルスナビなど売られる=新興市場・21日

 マザーズ指数が反落。一時800ポイント割れとなる場面があった。世界的な株安の流れが続き、投資マインドの悪化からマザーズは厳しい下落となっている。好材料の出たウェルスナビ<7342.T>が売られるなど、地合いの悪さに押される銘柄が目立っている。メルカリ<4385.T>、Enjin<7370.T>、そーせいグループ<4565.T>も安い。ジャスダックではフルヤ金属<7826.T>、田中化学研究所<4080.T>などが売られた。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ