アクリート、SMS送信元番号を共通化しSMSによるコミュニケーションの利便性を向上

株式

2022/8/10 15:44

 アクリート<4395.T>は9日、ソフトバンク<9434.T>の子会社BBIXからの協力を得て、従来の携帯電話事業者3社(NTTドコモ、KDDI、楽天モバイル)に加えたソフトバンク宛ての企業向けSMS送信元番号を共通化し、SMSによるコミュニケーションの利便性を向上させるサービスを開始したと発表した。

 21年に双方向SMSの送信元番号が共通化されたが、通話ができないショートコードを用いており、SMSでのコミュニケーションにのみ利用できる番号だった。今回、BBIXの協力で、ソフトバンク利用ユーザー宛の送信元番号を通話ができる電話番号とすることを可能とした。それにより、いずれの携帯電話事業者を利用していても受信したSMS番号にそのまま電話を発信することが可能になるとした。

 10日の終値は、前日比5円安の2013円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ