テクノマセ、林業機械化協会の「先進的林業機械緊急実証・普及事業」に採用

株式

2022/8/12 15:42

 テクノマセマティカル(テクノマセ)<3787.T>は10日、同社のオリジナルコーデック技術を用いた提案が、林野庁補助事業として林業機械化協会(東京都文京区)が実施する「先進的林業機械緊急実証・普及事業」に採用されたと発表した。

 同事業は、林業における現場の危険回避を目的とした、林業機械等の遠隔操作・遠隔監視・自動運転の実現に加え、これまでボトルネックとなっていた山間地の通信環境課題を解消するシステム構築を目指す。同社は、新たに開発・実証する林業現場での危険回避システムに対し、独自アルゴリズムを活用した低遅延・高圧縮を実現するオリジナルコーデック技術の提供と映像伝送実証を行うという。

 12日の終値は、前営業日比50円高の719円ザラバ引け。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ