マザーズ指数が反落、マイクロ波化学など売られる=新興市場・22日

 マザーズ指数が反落。東京市場全般は堅調な推移となっているが、グロース市場では一部の銘柄に売りが出て、上値の重い展開となった。マイクロ波化学<9227.T>、QDレーザ<6613.T>、アドベンチャー<6030.T>などが売られ、ANYCOLOR(エニカラー)<5032.T>、ビジョナル<4194.T>も軟調。坪田ラボ<4890.T>、メドレー<4480.T>は高い。IPO(新規上場)のティムス<4891.T>は好発進後に売りが先行してストップ安。スタンダードではフェローテックホールディングス<6890.T>が堅調だった。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ