(再送)日経平均は267円高と大幅に3日続伸、東証プライム売買代金は5営業日ぶりに3兆円超え=24日後場

 24日後場の日経平均株価は、前営業日比267円35銭高の2万8383円09銭と大幅に3日続伸して取引を終えた。22日の堅調な地合いや、23日の欧米株式上昇を受け、買い優勢で取引を開始。時間外取引で米株価指数先物が上昇していることが支えとなり、午前9時16分には、同386円55銭高の2万8502円29銭を付ける場面もみられた。ただ、買い一巡後は、24日の米国市場が感謝祭の祝日で休場、翌25日も短縮取引となることから、模様眺めムードが強まり積極的な売買は限られたもよう。為替市場では1ドル=138円90銭台(22日は141円80-82銭)で推移し、足元ではやや円安方向にある。東証プライムの出来高は13億1110万株、売買代金は3兆3349億円。売買代金は16日(3兆5132億円)以来、5営業日ぶりに3兆円を超えた。騰落銘柄数は値上がり1534銘柄、値下がり248銘柄、変わらず53銘柄だった。

 市場では「米国では重要イベントを通過し、インフレのピークアウト感も見込まれはじめるなか、日米ともに年末高に向けた動きにつながることが期待される」(中堅証券)との声が聞かれた。

 業種別では、郵船<9101.T>、商船三井<9104.T>などの海運株や、三井物産<8031.T>、三菱商<8058.T>などの卸売株が上昇。三菱UFJ<8306.T>、三井住友<8316.T>などの銀行株や、第一生命HD<8750.T>、東京海上<8766.T>などの保険株も高い。クレセゾン<8253.T>、オリックス<8591.T>などのその他金融株や、東電力HD<9501.T>、東ガス<9531.T>などの電気ガス株も堅調。ソニーG<6758.T>、キーエンス<6861.T>などの電気機器株や、オリエンタルランド(OLC)<4661.T>、楽天グループ<4755.T>などのサービス株も上げた。東証業種別指数は全33業種のうち、30業種が上昇、3業種が下落した。

 個別では、ハブ<3030.T>、タムロン<7740.T>、CYBOZU<4776.T>、チェンジ<3962.T>、飯野海<9119.T>などが上昇。半面、マツダ<7261.T>、デサント<8114.T>、TDCソフト<4687.T>、スプリックス<7030.T>、アニコムHD<8715.T>などが下落した。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ