12月1日の東京外国為替市場=ドル・円、136円台前半で推移

マーケット情報

為替

2022/12/1 15:02

 12月1日の東京外国為替市場で、ドル・円は1ドル=136円台前半で推移している。パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長のハト派的な講演内容を受けて米利上げペースの鈍化観測が強まり、ドル売り・円買いが優勢となった。午前10時前には137円を割り込み、136円50銭近辺まで下落。いったんは下げ止まり、昼すぎにかけては136円台半ばでもみ合ったが、午後2時すぎにドル売りが強まり、前場の安値を下回る場面があった。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ