マザーズ指数が4日ぶりに反発、ANYCOLORへの売りが一巡=新興市場・7日

 マザーズ指数が4日ぶりに反発。ANYCOLOR<5032.T>への売りが一巡したことで、グロース市場全般の地合いも落ち着いた。ティーケーピー(TKP)<3479.T>、サスメド<4263.T>、イーディーピー<7794.T>などが高く、リボミック<4591.T>、Aiming<3911.T>、アドベンチャー<6030.T>が安い。スタンダードではクルーズ<2138.T>が買われた。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ