日経平均は30円高と小幅に4日続伸、前日3連騰の反動で売り先行も一巡後は上げ転換=25日前場

 25日前場の日経平均株価は前日比30円17銭高の2万7329円36銭と小幅ながら4営業日続伸。朝方は、売りが先行した。24日の米国株式は高安まちまちながら、前日に3連騰した反動で利益確定売りが出やすく、2万7175円88銭(前日比123円31銭安)と安く寄り付いた。一巡後は、先物に断続的な買いが入り、いったん上げに転じ、一時2万7353円92銭(同54円73銭高)まで切り返した。その後、再度マイナス圏に押し戻される場面もあったが、買い気は根強く持ち直し、前引けにかけて2万7300円台で推移した。

 東証業種別株価指数(全33業種)では、鉄鋼、その他製品、電気・ガスなど26業種が値上がりした。東証プライム銘柄では、全体の57%が上昇した。なお、きのう引け後に23年3月期利益予想を下方修正した日電産<6594.T>は急落し、日経平均採用銘柄および東証プライム銘柄の中で値下がり率トップとなった。

 東証プライムの出来高は4億8300万株、売買代金は1兆2596億円。騰落銘柄数は値上がり1048銘柄、値下がり663銘柄、変わらず126銘柄。

 業種別では、日本製鉄<5401.T>、JFEHD<5411.T>、東製鉄<5423.T>などの鉄鋼株が上昇。大日印<7912.T>、凸版<7911.T>などのその他製品株も高い。東電力HD<9501.T>、関西電力<9503.T>、東ガス<9531.T>などの電気・ガス株や、川崎汽<9107.T>、郵船<9101.T>、商船三井<9104.T>などの海運株も買われた。東レ<3402.T>、オンワードHD<8016.T>などの繊維製品株も値を上げ、オリンパス<7733.T>、島津製<7701.T>、テルモ<4543.T>などの精密株も引き締まった。

 半面、りそなHD<8308.T>、ゆうちょ銀行<7182.T>、コンコルディ<7186.T>などの銀行株が軟調。三井物産<8031.T>、伊藤忠<8001.T>などの卸売株も値を下げた。T&DHD<8795.T>、東京海上<8766.T>、かんぽ生命<7181.T>などの保険株や、オリックス<8591.T>、JPX<8697.T>などのその他金融株もさえない。

 個別では、テノHD<7037.T>、フィルC<3267.T>、JTEC<3446.T>、OBC<4733.T>などが値上がり率上位。半面、ドリームI<4310.T>、ライク<2462.T>、ディスコ<6146.T>、MSOL<7033.T>などが値下がり率上位。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ