<相場の読み筋>2月4日

2019/2/4 7:32

 1日の米国株式は、NYダウが前日比64.22ドル高の2万5063.89ドルと反発、ナスダック総合指数は同17.869ポイント安の7263.868ポイントと3日ぶりに反落して取引を終了。出来高概算は、ニューヨーク市場が8億8532万株、ナスダック市場が23億5030万株だった。米1月の雇用統計で、非農業分野の雇用者数が季節調整済みで前月比30万4000人増と、市場予想平均の同16万5000人増を大きく上回った。また、1月ISM製造業指数も56.6と、市場予想平均の54.0を超えたことなどもあり、買いが優勢だった。一方、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数は、前日の通常取引終了後に決算発表を行ったアマゾン・ドット・コムが下落したほか、アルファベット(グーグルの持株会社)やマイクロソフトなどが軟調で、同指数の重しとなった。

 4日の東京株式は続伸後、もみ合いか。前週末の堅調な地合いを受け、買い先行のスタートとなりそう。為替相場は、ドル・円が1ドル=109円台の半ば(前週末1日終値は108円93-95銭)、ユーロ・円が1ユーロ=125円台の半ば(同124円68-72銭)と円安に振れている。対ドルでの落ち着きから、輸出関連株を中心に堅調な展開が期待される。ただ、心理的なフシ目の2万1000円に近づく場面では、戻り待ちの売りが控えているとみられ、上値が重くなることも予想される。1日のADR(米国預託証券)は円換算値で、高安まちまちながら、LINE<3938.T>、武田薬<4502.T>、パナソニック<6752.T>などが、1日の東京終値に比べ高い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、1日の大阪取引所終値比75円高の2万795円だった。

(イメージ写真提供:123RF)

関連記事

  • その時相場が動いた=1992年の〝ソニー・ショック〟(下)

    コラム

    2019/2/3 15:00

     「その時相場が動いた」では過去の株式市場の出来事をピックアップしつつ、当時の紙面や株式市場の状況などを紹介していきます。 「ソニー・ショック」とは通常、2003年4月25日に起きた株価急落を指す。同・・・…続き

    o
  • 鍋島高明のアマチュア相場師列伝:石坂泰三

    コラム

    2019/2/3 9:00

     兜町で初の東大出指導者として期待の太田収山一証券社長は鐘紡新株の仕手戦に失敗、死を覚悟する。昭和13年(1938年)5月のことだ。この時、石坂泰三第一生命社長に宛(あ)てた遺書を書く。 「今般、小生・・・…続き

    アチュア
  • アマゾン、1Q売上高計画が市場予想届かず

    2019/2/2 15:00

    米オンライン小売り大手アマゾン・ドットコム<AMZN>が1月31日に発表した19年12月期第1四半期の売上高予想が560億-600億ドルと、市場予想の608億3000万ドルを下回った。…続き

    1
  • こう着相場、円高重荷

    1面トップ

    週間展望

    2019/2/1 17:31

     決算発表のピークやFOMC(米連邦公開市場委員会)を通過した前週(1月28日~2月1日)の日本株相場は、期待と警戒の綱引きの中で日経平均株価はほぼ横ばいで推移した。フシ目の2万1000円手前では戻り・・・…続き

    j

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ