株式新聞

2019年4月19日(金)

週間展望

  • 日経平均上げ一服も――大型連休迫り不安定

     東京株式市場では日経平均株価が底堅さを発揮し、前週(8~12日)は週前半の下げを後半に取り返した。中国経済の復調が色濃くなる中、反発基調の継続性が注目される。ただ、大型連休が2週間後に迫ったことで、・・・…続き

    あ
  • 中国経済占う週に―重要指標相次ぐ

     前週(1~5日)の東京株式市場では、日経平均株価が前月4日の取引時間中に付けた戻り高値(2万1860円)に接近する強い動きを示した。4月に外国人買いが流入するアノマリー(説明のつかない法則)も意識さ・・・…続き

    k
  • 海外勢の買い転換も

     日本株相場は名実ともに今週(4月1~5日)新年度入りする。改元が1カ月後に迫り祝賀ムードが高まる中、4月はもともと外国人買いの入りやすいアノマリー(説明のつかない法則)も存在する。今回は世界景気の先・・・…続き

    k
  • 新年度入り、権利落ち修復が焦点

     今週(25~29日)の日本株相場は実質的に新年度に入る。米金融当局のハト派姿勢がぎりぎりまで強まる中、底堅く推移する日経平均株価だが年間パフォーマンスを左右するとされる3月の騰落が微妙な情勢。配当の・・・…続き

    k
  • やや重たい展開か

     日本株相場が再び一進一退の局面に入った前週(11~15日)、日経平均株価は前半の急伸後にもみ合う形で上昇トレンドをキープした。ただ、依然として現物株の買い意欲は盛り上がりを欠き、2万1500円前後で・・・…続き

    k
  • 基調修復へ足場探る

    〝寒の戻り〟となった前週(4~8日)の株式市場は、企業業績の先行きへの不安が再燃する形で日経平均株価が右肩下がりの動きをたどった。頼みの米国株が戻り一巡感を強めたことで、海外勢による株価指数先物の買い・・・…続き

    Z
  • もう一段のリバウンド、日経平均26週線奪回へ

     日本株相場が頑強さを維持している。前週(2月25日~3月1日)は日経平均株価が一進一退の動きから週末の1日に大きく上げ、連続上昇を3週に伸ばした。すぐ頭上には上値抵抗線の26週移動平均線が迫る。外部・・・…続き

    h
  • 日経平均、頑強キープ

     日経平均株価が頑強な動きをキープし、本格上昇へ向けた地合いが整いつつある。今週(2月25日~3月1日)の最大のポイントは3月1日に関税引き上げの期限が迫る米中通商交渉。波乱含みの展開も意識しつつ、個・・・…続き

    お
  • 上げ潮維持できるか

     日本株相場は新局面に入ったのか。前週(12~15日)の日経平均株価は痛快なスタートダッシュから2万1000円の関門を乗り越え、一気に一目均衡表(日足)の「雲」を突破。いわゆる「三役好転」が完成しボル・・・…続き

    お
  • テクニカル暗転、試される底堅さ

     上値の重さが鮮明となった前週(4~8日)の東京株式市場で、日経平均株価はテクニカルの要所でことごとく跳ね返された。個別銘柄の決算反応にはばらつきがあるものの、全体的には底値からのリバウンドに一服感が・・・…続き

    お
  • こう着相場、円高重荷

     決算発表のピークやFOMC(米連邦公開市場委員会)を通過した前週(1月28日~2月1日)の日本株相場は、期待と警戒の綱引きの中で日経平均株価はほぼ横ばいで推移した。フシ目の2万1000円手前では戻り・・・…続き

    j
  • 日経平均、2万1000円が試金石

     一進一退を繰り返しつつも下値を切り上げる日経平均株価は、大きなヤマ場に差し掛かる。企業の昨年4~12月期決算発表のピークは1月31日(東証1部ベース)。また、英国のEU(欧州連合)離脱をめぐる混乱が・・・…続き

    P
  • 日本株、底打ち感強める

    週間展望

    2019/1/18 17:30

     日本株相場が着実に調子を上げている。年末年始の急調整で当面の企業業績の悪化懸念を先行して織り込んだ日経平均株価は前週(15~18日)、底堅い動きから浮上し25日移動平均線を奪回。米国株を追い掛ける構・・・…続き

    p
  • 日本株、耐性強まる

     日本株が悪材料への耐性を強めつつある。11日は、世界経済に敏感な安川電機(6506)が前日発表した収益見通しの下方修正に加え、ファーストリテイリング(9983)の減益決算の全体相場への影響が懸念され・・・…続き

    P
  • 日経平均2万円割れ寸前に

    1面トップ

    週間展望

    2018/12/21 17:31

     リスクオフムードが強まる日本株相場は、ついに前週(17~21日)日経平均株価が年初来安値を更新した。TOPIX(東証株価指数)は1年8カ月ぶりの1500ポイント割れ。売り圧力の拡大につながる需給のゆ・・・…続き

    てr
  • 日本株は引き続き正念場―FOMC後に上昇も

    1面トップ

    週間展望

    2018/12/14 17:31

     米中貿易摩擦の激化懸念が後退した前週(10~14日)、日経平均株価は週半ばに反発色を強めた。ただ、週末14日は一時前日比462円の大幅安に沈み、不安定な投資家心理と、滞留する戻り売り圧力の強さが改め・・・…続き

    p
  • 荒れ模様、底堅さ示せるか

     冬らしくない気候が続いた前週(3~7日)は、株式市場も例年の師走相場とは様相を異にした。米中摩擦をめぐる不測の悪材料が直撃したことで、マーケットのムードは再びリスクオフに傾いている。日経平均株価はテ・・・…続き

    (イメージ写真提供:123RF)
  • 年末高占う局面

    1面トップ

    週間展望

    2018/11/30 17:33

     市場が注視する米中首脳会談を受けて始まる今週(12月3~7日)の日本株相場は、年末高の成否を占う上で重要な局面になりそうだ。日経平均株価が勢いに乗り2万2000円台半ばのゾーンを突破できれば、一気に・・・…続き

    (イメージ写真提供:123RF)
  • G20へ向け、陰のクライマックス

    1面トップ

    週間展望

    2018/11/22 17:31

     11月も終盤の今週(26~30日)は、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで30日にスタートするG20(主要20カ国・地域)首脳会議(12月1日まで)を前に動きのとりづらい相場となりそうだ。世界経済の・・・…続き

    てんぼう
  • 日経平均、戻りを試す―米中摩擦の緩和を意識

    1面トップ

    週間展望

    2018/11/16 17:31

     今3月期上期の決算発表が一巡した東京株式市場で、日経平均株価は底を固めつつある。前週(12~16日)は前半に急落して2万1484円の安値(13日)を付けたが、その後は出来高、値動きともに多少落ち着い・・・…続き

    (イメージ写真提供:123RF)

1-20件を表示

適正株価ランキング(2019/04/18更新)

image

マーケット情報

株式新聞 2019年04月19日号

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ