「ロックダウン待ち」神経戦

 波乱相場が続く東京株式市場では前週(3月30日~4月3日)、日経平均株価が1万7000円台まで押し戻された。前々週の怒涛(どとう)のリバウンドによる上げ幅(3011円)は三分の二近くが失われ、市場に・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ