「山本伸のプレミアムレポート」 住友林(1911)

 先週末に今期3度目の業績予想の上方修正を行った住友林業(1911)に注目したい。同社は従来、3月期決算だったが、前期(2020年12月期)から12月決算に移行した。この決算期の変更は、コロナ禍で異例・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

  • 信用残銘柄(1月29日申し込み時点)

    プレミアムノート

    2021/2/3 9:00

     信用残銘柄の表は、「信用買い残」「信用売り残」の増加、および減少株数でランキング100位までの銘柄を、信用倍率の前週比での改善、悪化度合いの順に並べ替えたものとなる。 「売り残増加」と「買い残減少」・・・…続き

  • タカラBIO、大幅高

    ニュース

    新型コロナ

    2021/2/2 17:30

     タカラバイオ(=タカラBIO、4974)が急騰した。新型コロナウイルスの感染を判定するPCR検査において、検査用試薬の生産を拡大すると伝わり収益拡大の期待が高まった。 同社は今夏までに、国内の生産能・・・…続き

    1
  • ワクチン接種、電力需給に不安?

    ニュース

    新型コロナ

    2021/2/2 17:30

     日本で2月下旬にも始まる新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、電力需給がひっ迫する恐れが指摘されている。ドライアイスなどの低温輸送用資材とともに、供給体制の整備が求められる。 日本のワクチン接種・・・…続き

    1
  • 自部品、収益回復が鮮明

    ニュース

    2021/2/2 17:30

     自動車部品株が好決算銘柄を中心に強含んでいる。中国など海外の新車市場回復が寄与しており、今後発表を控えた銘柄にも期待が高まりそうだ。 1日に発表した愛三工業(7283)の今3月期第3四半期(昨年10・・・…続き

    1
  • 注目株:財務基盤強化で再び成長期待

    注目株

    2021/2/2 17:30

    財務基盤強化で再び成長期待…続き

    z

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ