紙製品の存在感増す――廃プラ削減で採用広がる

ニュース

2021/4/6 17:31

 プラスチックごみ(廃プラ)削減の動きが弁当の容器などにも広がっている。大手コンビニエンスストアが相次いで採用し、テイクアウト用のコーヒーのカップのふたなども素材を見直す。レジ袋の有料化に続き、ストロ・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ