明電舎、長野県企業局の「AIを活用した水力発電所運転計画支援システム実証事業」で委託先に選定

株式

2021/9/15 16:07

 明電舎<6508.T>は14日、長野県企業局が公募した「令和3年度AIを活用した水力発電所運転計画支援システム実証事業」で、委託先として選定されたと発表した。

 これまで、水力発電の運転計画は熟練作業員の判断や経験に基づいて作成されていたが、気象予報の精度が向上したこととAI(人工知能)による流入予測が実用レベルになりつつあることから、長野県企業局ではスマート保安推進の一環として、これらを活用した運転計画支援システム導入の可能性を検証するために同事業を実施。同社は、ダム流入量予測モデルと発電所運転計画支援システムの構築を行う。

 15日の終値は、前日比71円安の2568円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ