川重、郵船とLPG燃料LPG/アンモニア運搬船2隻の造船契約

株式

2021/12/3 16:10

 川崎重工業<7012.T>は2日、日本郵船(郵船)<9101.T>向けに、8万6700立方メートル型LPG(液化石油ガス)燃料LPG/アンモニア運搬船2隻の造船契約を締結したと発表した。

 今回受注したLPG/アンモニア運搬船は、低炭素なエネルギーとしてすでに活用されているLPGと、脱炭素社会の新たな燃料として将来的に活用が期待されるアンモニアを同時に運搬することができる。また、世界の主要LPGターミナルに入港できるよう全長や幅などの船体主要目を大きく変えることなく、従来船型よりカーゴタンクの容積を増量しました。今後、坂出工場(香川県坂出市)で建造し、24年の竣工を予定している。

 3日の終値は、前日比33円安の1954円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ