<個別株動向>ベイシス、ライトワークス、ソフトウェア、大同信号、三井松島HD=20日後場

株式

2022/5/20 15:08

 ベイシス<4068.T>―大日印<7912.T>およびMIRAI BAR(熊本県八代市)と、ウイルス感染防止「空中ディスプレイ」の設置推進で共同プロジェクトを発足。前日比390円高の3420円。

 ライトワクス<4267.T>―同社の学習管理システム「CAREERSHIP(キャリアシップ)」が、京王<9008.T>の学習プラットホームとして採用される。前日比152円高の1943円。

 ソフトウェア<3733.T>―4月度の売上高は前年同月比58.4%増、受注高は同62.5%増に。前日比300円高の5550円。

 大同信号<6743.T>―23年3月期の連結業績は大幅な減益を予想。前日比56円安の528円。

 三井松島HD<1518.T>―きのう19日まで5連騰していたことや、週末要因から売りが優勢の展開に。前日比165円安の3125円。

◎未確認情報などが含まれており、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ