日経平均は170円高と続伸、東証プライム銘柄の約8割上昇―TOPIXは3カ月ぶり高値水準=22日後場

 22日後場の日経平均株価は前日比170円95銭高の2万8115円74銭と続伸。2万8000円台回復は16日(終値は2万8028円30銭)以来4営業日ぶりで、11日(同2万8263円57銭)以来7営業日ぶりの高値水準となる。朝方は、円安・ドル高を支えに株価指数先物に買いが先行した。現物株にも買いが広がり、前場中盤には2万8203円35銭(前日比258円56銭高)まで上昇した。後場は利益確定売りに上値が重くなったが、下値は限定された。あすは「勤労感謝の日」で、休場を前に手控え気分に傾いた。

 一方、TOPIX(東証株価指数)は4営業日続伸し、1994.75ポイント(同22.18ポイント高)となり、8月17日(2006.99ポイント)以来約3カ月ぶりの高値水準となった。

 東証株価指数は全33業種中32業種が値を上げた。なかで、ディフェンシブ系の電気ガス、医薬品や、金融セクターの保険、銀行などが業種別値上がり率上位に並んだ。東証プライム銘柄では、全体の79.9%が上昇した。

 東証プライムの出来高は12億428万株、売買代金は2兆9231億円。騰落銘柄数は値上がり1467銘柄、値下がり325銘柄、変わらず44銘柄。

 市場からは「日経平均は上値抵抗線として意識されたフシ目の2万8000円をクリアしてきたが、戻り売りが出やすい水準に変わりはない。ここから上値を買う決め手に欠けており、押し目買い・戻り売りの流れは続きそうだ」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、東電力HD<9501.T>、北陸電力<9505.T>、大阪ガス<9532.T>などの電気ガス株が上昇。T&DHD<8795.T>、第一生命HD<8750.T>、SOMPOH<8630.T>などの保険株や、三菱UFJ<8306.T>、三井住友<8316.T>、みずほ<8411.T>などの銀行株も買われた。塩野義薬<4507.T>、小野薬<4528.T>、中外薬<4519.T>などの医薬品株も高い。丸紅<8002.T>、三菱商<8058.T>、住友商<8053.T>などの卸売株も値を上げた。テルモ<4543.T>、オリンパス<7733.T>、ニコン<7731.T>などの精密機器株や、トヨタ<7203.T>、日産自<7201.T>、三菱自<7211.T>、マツダ<7261.T>などの輸送用機器株も堅調。

 半面、住友鉱<5713.T>、フジクラ<5803.T>などの非鉄金属株が軟調。

 個別では、ストップ高の今仙電機<7266.T>をはじめ、クロスキャット<2307.T>、プロレドP<7034.T>、板硝子<5202.T>などが値上がり率上位。半面、トビラS<4441.T>、GDO<3319.T>、シンクロF<3963.T>、エスクロAJ<6093.T>などが値下がり率上位。

(写真:123RF)

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ