株式新聞

2018年11月14日(水)

IPOニューフェース:霞ヶ関キャピタルは不動産コンサルと自然エネが両輪

 霞ヶ関キャピタル(3498・M、不動産)は不動産コンサルティング事業と太陽光発電などの自然エネルギー事業が両輪。東日本大震災で被災した宮城県のショッピングセンター「フォルテ」の再生も行う。 自然エネ・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ