【視点】ビッグイベント通過も晴れぬ先行き――緩和期待が引き続き相場の支えに

視点

2019/7/2 17:30

 G20大阪サミット(主要20カ国・地域首脳会議)などのビッグイベントが終了、米国のトランプ大統領と中国の習近平国家主席の会談では、両国の貿易協議再開で合意、ファーウェイに対する部品供給も容認の方向と・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

  • ソフト投資が拡大、関連企業の好調目立つ

    ニュース

    2019/7/2 17:30

     6月の全国企業短期経済観測調査(短観)では大企業・製造業の景況感を示す業況判断指数が2四半期連続で悪化したものの、設備投資に関しては根強い意欲が確認された。中でも、ソフトウエア投資には各社が積極姿勢・・・…続き

    あ
  • 日本の農水産物、輸出拡大

    1面トップ

    2019/7/2 17:30

     日本の農水産物の輸出額が2018年に過去最高を更新するなど、海外展開が加速しつつある。EU(欧州連合)が輸入規制の緩和に踏み切ることも相まって、世界的に人気の高い和牛や海産品に関連する企業の商機が一・・・…続き

    あ
  • 米6月ADP雇用統計

    相場のポイント

    2019/7/2 17:30

     7月3日の日経平均高安は00年以降で9勝5敗、平均騰落率プラス0.27%。日本では目ぼしい経済指標の発表はない。決算はニトリHDやアスクル。海外では米6月ADP雇用統計に注目。市場予想は前月比12.・・・…続き

    あ
  • 注目株:稀元素――「ジルコニウム」のトップ企業、5Gの足音も?

    1面注目株

    5G

    2019/7/2 17:30

     第一稀元素化学工業(4082)は、耐摩耗性の高い金属「ジルコニウム」化合物のリーディングカンパニー。電池や電子材料向け需要の拡大に乗り、堅調な業績成長が続きそうだ。また、隠れた5G(次世代高速通信シ・・・…続き

    あ
  • タクマ、受注の視界良好――割安PBR修正へ

    ニュース

    2019/7/2 17:30

     タクマ(6013)の株価が25日移動平均線を上に抜け、反騰の気配を強めつつある。ごみ焼却炉やバイオマス発電プラントの受注環境の見通しは明るく、過去相対で割安な足元のPBR(株価純資産倍率)は妙味が大・・・…続き

    1

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ