アコムが続伸、21年3月期の連結業績は増益の見通しに配当の増額を計画

株式

2020/10/26 16:30

 アコム<8572.T>が続伸し、18円高の480円を付けた。前週末23日引け後、未定としていた21年3月期の連結業績予想を発表。増益の見通しに配当の増額計画を示し、好感された。

 21年3月期業績は、営業収益が2630億円(前期比5.9%減)、営業利益は895億円(同18.3%増)を予想。ローン・クレジットカード事業および信用保証事業の業容は、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う資金需要の低下は続くものの、国内景気は足もとで一部持ち直しの動きがみられることから、期末に向けて前年比で減少率は鈍化し回復基調に向かうと見込む。営業費用は業容の減少などで、金融費用や貸し倒れ関連費用などが減少するとみている。

 未定としていた配当予想は、中間期は3円(前期実績2円)、期末3円(同2円)の合計6円(同4円)に増額する見込み。

 26日の終値は、前週末比14円高の476円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ