米国人の16%、暗号資産の投資・取引・利用経験あり

仮想通貨

2022/9/21 10:25

ワシントンDCに拠点を置く無党派シンクタンク「ピュー・リサーチ・センター」が実施した調査で、米国成人の約16%が暗号資産(仮想通貨)の投資、取引、使用経験があるとわかった。

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ