<きょうの材料と有力銘柄>

 政府は2030年度までに温室効果ガスを13年比46%削減する目標の中で、家庭部門については3分の2に当たる66%減らしていくことを目指すと伝わった。また、二酸化炭素(CO2)を吸収するために都市緑化・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ