日経平均は58円安と4日続落、2万8000円割れも午後は下げ渋る―配当再投資の可能性も=30日後場

 30日後場の日経平均株価は前日比58円85銭安の2万7968円99銭と4営業日続落。2万8000円割れは21日以来6営業日ぶり。朝方は、29日の米ハイテク株安を受け、半導体関連株などに売りが先行した。先物売りを交えて下げ幅を広げ、前場後半には2万7802円71銭(前日比225円13銭安)まで下落した。一巡後は下げ渋った。アジア株高もあって持ち直し、大引け間際には2万7972円89銭(同54円95銭安)まで引き戻した。一部では、配当再投資の買いの可能性も指摘された。

 東証プライムの出来高は16億6450万株、売買代金は4兆1516億円。騰落銘柄数は値上がり488銘柄、値下がり1287銘柄、変わらず61銘柄。

 市場からは「ここ最近は、日経平均で2万8000円を挟んで一進一退だ。パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長の講演を控えるが、直近でFRB高官のタカ派的発言が増え、よほどネガティブな内容でなければ、織り込みは進んでいるとみられる。ただ、週末の米11月雇用統計に向けて米経済指標の発表が続くだけに当面は様子見ではないか」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、7&iHD<3382.T>、良品計画<7453.T>、パンパシI<7532.T>などの小売株が軟調。東電力HD<9501.T>、九州電力<9508.T>、東ガス<9531.T>などの電気ガス株や、HOYA<7741.T>、東精密<7729.T>、島津製<7701.T>などの精密株も安い。INPEX<1605.T>などの鉱業株もさえず、エムスリー<2413.T>、リクルートH<6098.T>、楽天グループ<4755.T>などのサービス株も売られた。王子HD<3861.T>、大王紙<3880.T>などのパルプ紙株も値を下げた。

 半面、郵船<9101.T>、商船三井<9104.T>、川崎汽<9107.T>などの海運株が上昇。SUBARU<7270.T>、ホンダ<7267.T>、三菱自<7211.T>などの輸送用機器株や、日本製鉄<5401.T>、神戸鋼<5406.T>などの鉄鋼株も堅調。凸版<7911.T>、大日印<7912.T>などのその他製品株も高い。

 個別では、JTEC<3446.T>、キャリアL<6070.T>、ADワークス<2982.T>、栃木銀行<8550.T>などが値下がり率上位。半面、テモナ<3985.T>、日電波<6779.T>、恵和<4251.T>、日金属<5491.T>などが値上がり率上位。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、24業種が下落した。

(写真:123RF)

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ