インバウンド5兆円消費へ政府本腰――バリアフリーや決済関連など狙い目

 政府は観光支援策の一環として、インバウンド(訪日外国人観光客)消費の拡大を目指す。「観光立国」の再興を目論み、訪日客の利便性が高まるよう国内各地の観光施設の整備を後押しする可能性がある。 岸田首相は・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ